こんな大型のカートリッジタイプの電子タバコって見たことありますか?

 

カートリッジタイプの電子タバコは、小型のカートリッジを付け替えて吸うものが多いですよね。

 

なので、煙量もそこそこです。

 

ところが、フレンバーcloud17は、、カートリッジタイプなのに爆煙なんです!

 

爆煙の大型の電子タバコは、リキッドの注入作業やメンテナンスなどをしなくちゃいけないので、手がかかります。

 

ちょっと外出先に持っていって吸うのは躊躇しちゃいますよね。

 

これはこれで、いろんなリキッドが試せるし結構楽しいんですが・・・・。

 

快適なカートリッジ電子タバコを追及すると、このデザインになった!

 

cloud17はの詳細こちら

こんなフォルムの電子タバコって、今まで見たことないですよね。

 

爆煙を外出先でも手軽に楽しみたいという機能を追及していったら、こういうフォルムになりましたという感じ。

 

仕組みを機能的に考え抜くと、デザインもシンプルでスタイリッシュになりますね。

 

はじめて見た時は、最新型のスマホが発売されたのかのと思っちゃいましたね。

 

 

爆煙にするためには、大型のバッテリーが必要なので、cloud17は1700mAhの大型バッテリーを内蔵しています。

 

人気のC-Tec DUOのバッテリーが280mAHなので、約6倍の大きさです。

 

 

バッテリーケースは、デスクの上においたときに立つように、ケースの下部が重くなっています。

 

なので、手に持った時にズシっとくる重さがあります。

 

 

その中に、1700mAhの電池とボタンの制御装置がついています。

 

マットコーティングしてあるので、手に持ったときしっとりした感じで手触りが気持ちいいです。

 

すべすべの丸い石を握った時のような、気持ちよさがあります。

 

 

カートリッジがスグレモノで、こういうアイディアがあったかという感じ。

 

一般のリキッドボトルと同じ10mlのリキッドを、カートリッジの中に入れてしまっているのがすごい!

 

これだと、一回カートリッジを装着してしまうと、吸い方にもよりますがタバコだと5箱くらい吸えることになるので、カートリッジ交換の回数が少なくてすみます。

 

セッティングも簡単で、バッテリースティックにカートリッジをスポンとはめ込むだけです。

 

フレンバーcloud17のスペック

バッテリー

容量1700mAh、長さ106mm、厚さ23mm、重さ163g、使用可能秒数約600秒 約150~300回

 

カートリッジ

容量10ml、吸引可能数約800回、重量30g

 

フレンバーcloud17の種類

ブラックとホワイトの2種類があります。

cloud17はの詳細こちら

フレンバーcloud17の使い方

使い方も驚くほど簡単。

 

カートリッジの中にリキッド、コイル、アトマイザーなどが詰め込まれているので、

 

バッテリーケースに差しこんで、ボタンを押せばすぐに吸えます。

 

バッテリーは、1700mAhと大型なので、1回の充電で約150回~300回吸引できます。

 

ざっくりいうと、タバコだと2箱くらい充電なしで吸えるイメージですね。

 

この電源ボタンを5回押すと、電源が入ります。

 

4つのゲージライトと、周りのラインのライトが5回点灯してきれいですね。

 

吸う時は、ボタンの部分を手前にして親指で押しながら吸う方法と、反対にして、人差し指で押しながら吸う方法がありますね。

 

どちらでも、自分が吸いやすい方法でいいですね。

cloud17はの詳細こちら

カートリッジは3種類

カートリッジは、メンソール系のハードブラストメンソール、ストロングメンソール、フルーツ系のマスカットが販売されています。

 

3つともフレンバーのリキッドの中で人気の高いリキッドなので、まずハズレはないと思います。

 

マスカットはちょっと甘いので、甘いのが苦手な人はやめたほうがいいかも。

 

私は、ストロングメンソールが一番吸いやすいですね。

cloud17はの詳細こちら