フレンバーリキッドの特徴は、

日本人のデリケートな嗜好にあったリキッドを製造しているところ。

 

海外のリキッドはドロドロしてるんですが、フレンバーリキッドはさっぱりしていて繊細な味と香りです。

 

で、これらのフレーバー(リキッド)が、おいしく吸えるデバイスを用途に応じて販売しています。

 

どこでデザインしているのかわからないんですが、どのデバイスもオシャレでかっこいいですね。

 

それから、使用目的に応じて、手間がかからず簡単に吸えるように考えられていますね。

 

フレンバーのフレーバー(リキッド)

フレンバーのリキッドは、18種類です。

人気なのは、メンソール系のストロングメンソールと、フルーツ系のマスカットですね。

 

メンソールが超強力なハードブラストメンソールも人気が高いですね。

 

フレンバーのカートリッジタイプのcloud17やAir、使い捨てタイプのCueには、上記の人気のリキッドが使われています。

 

それから最近発売されたのが、花の香りシリーズのリキッドです。

 

サクラの花の香り、秋に香るキンモクセイの香りなど、日本製ならではの繊細で上品な鼻の香りが楽しめます。

フレンバーのフレーバー(リキッド)の詳細

フレーバー(リキッド)の成分と安全性

リキッドとは、水蒸気の元となる香りのついた液体です。

 

リキッドの成分は、PG(プロピレングリコール)、グリセリン、香料等が使用されています。

 

PG(プロピレングリコール)は保湿クリームや歯磨き剤、化粧水やベビー用品、医薬品、食品など幅広く使用されています。

 

グリセリンは医薬品、化粧品や食品に幅広く使用され人間の体内では中性脂肪にも存在しています。

 

フレンバーのリキッドはニコチンやタールなどの有害な成分は含んでいません。

 

食品などでも使用されている成分のみを使用しておりますので安心していいと思います。

 

リキッドの安全性を証明するものとしては、SDS(製品安全データシート)、試験報告書(ニコチン分析)、原産国証明書等があります。

 

フレンバーでは然るべき機関のもとで、専門の有識者がいる工場で開発、生産した高品質なリキッドのみを販売しています。

 

 

原産国証明書↓↓↓

成分分析証明書↓↓↓